せどりができない!?

せどりができない……

更新が少しの間止まってしまい、すみません。

せどりをやめていたんです。

というのは全くの嘘です。

もちろんそんなことはありませんが、6月に少し問題が発生したのです。

ちなみに6月は仕入れのみで、FBAに納品という作業を一切しておりませんでした。

我が家に商品が溢れかえっております。

わたしの身長を優に超える高さにダンボールが(笑)

早く出したくてうずうずが止まりません。

FBA倉庫に発送したいのは山々なのですが……

問題とは?

なにがあったのか。

みなさま知りたいですか?

答えはーーーー

【古物商許可証】を申請していたからです。

ん?

なにそれ?

なんの許可証?

それ必要なの?

という様々な質問があると思うのですが、実際せどりをやる上で必要かどうかという質問の答えは割愛させていただきます。

長くなってしまいそうなので。

機会があれば、また別の記事で詳しく紹介しますね。

[ad#co-1]

わたしはAmazonでよく他の店舗を見に行く(偵察☆)のですが、その時に古物商許可証No.を記載している方はあまり見かけないです。

3〜5回に1回会えるか会えないかぐらいな気がします。

大口出品の店舗は記載しているところを見ますが、小口出品の店舗は全く見ないかもしれません。

わたしは今までこの【古物商許可証】というものを全く理解していませんでした。

なぜこの【古物商許可証】という話題が出てきたのかというと、ある知人とお話をしていてあることが発覚したからです。

知人とは、わたしがせどりを紹介して7月から本格的に始めている方なんです☆

(回想シーン)

「最近は副業どうなの?」

「今は主にせどりやってますね」

「せどりってなに?」

「せどりはーー」

〜〜中略〜〜

「え、それって古物商とか必要ないの?」

「え?」

「?」

「なんですか、それは!」

「他人が使ったものとかを買い取って売る時に必要な許可じゃない? ちょっと聞いたことあるけど」

「……ごめんなさい、ちょっと勉強してきます」

(回想シーン終了)

[ad#co-1]

その時、わたしは【古物商許可証】という存在を知ったのです。

自宅に帰ってから一生懸命にネットを使って調べて調べて調べまくったのですが、やはりせどりを行う上で必要なものなんじゃないかと不安になったので、急遽取ることに。

進まなきゃ!

と思ったら止まれない性質なんです。

必要な書類類を即座に揃えて、6月末に警察署に申請に行ってきました。

思ったよりは書類一式を揃えること・記入することが少なかったので、わたしの場合は比較的スムーズに行けた気がします。

いざ警察署に行くと、なにも悪いことをしていないのに、足が震えるのはなぜなのか。

いや、やはりどの警察官も怖いーーけど見てしまう。

目が合っても逸らしてしまう。

何か悪いことをしていないか、頭の中で無意識に探してしまうのはわたしだけでしょうか?

申請は無事に終わったので、後は警察署からの連絡待ちとなりました。

目安でいうと約1ヶ月半以内には連絡がくるかと。

[ad#co-1]

最後に

また別の記事で【古物商許可証】についてと、必要な書類だったり、場所や申請方法なども載せていきたいと思っているので、ぜひ楽しみにお待ちください。

できるだけ皆さまに分かりやすく伝えられるように、記事を書くつもりです!

早く許可証がもらえるといいんですが、許可証が来るまではAmazonに納品することは一切控えようと思っているので、6月の売上は下がるばかりです。

個人的にかなり辛い。

我が家の一室に商品が溢れかえりすぎて、どれがどの商品なのか最早分からなくなっているという。

これをまた仕分けて発送するのかと考えると、ちょっとゾッとしますね。

近所のスーパーにダンボールを貰いに行かないと、自宅にある分のダンボールでは足りなそうです。

今のうちに商品のクリーニングと検品をしておかねば!

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です