返送依頼した商品が戻ってきました!

無事に返送商品が到着

Amazonのsellercentralで返送依頼を出したのが2018年6月中頃で、6月末にやっと返送を頼んでいた商品が自宅に届きました。

10日間掛からずに返送されてきたので、早い方なのかな?と思いましたね。

ただ、今回が初めての返送依頼だったので、詳しくは分からず。

思ったよりも簡単にできたので、少しびっくりしましたが。

手続きが面倒でやりづらいものだろうと嫌煙していた部分があったので、本当に助かりました。

返送依頼/廃棄依頼の仕方

Amazonのsellercentralでの
返送依頼を出す場合、簡潔に説明すると↓

1.Amazon seller centralにログイン
2.左上の旗マークの隣にある三本線をタッチ
3.在庫→在庫管理へ
4.返送/所有権の放棄依頼を作成をタッチ
5.詳細内容の項目全てに記入をする
※右下に数量変更の記入もあるので、そちらも忘れずに!
6.内容をきちんと確認したら、内容を確認ボタンを押す
※住所間違いで確定してしまうと、その後に変更するのが大変なので十分に確認しましょう
7.後はAmazonからの返送手続き完了のメールを待つだけです

※このメールが来るとAmazon側が記入した住所に商品を返送したということになります。

大まかにはなってしまいますが、流れ的にはこんな感じです。

返送の商品のら梱包については、内側にプチプチ付きの簡易梱包材でした。

実際に今回返送依頼したものは薄くて軽いものだったので、このような形で返送されてきましたが、大きいものや重いものだときちんと梱包されてくるのか気になるところです。

難しそうに見えて案外簡単なので、記入ミスをとくに気を付けて返送や廃棄依頼しましょう!

皆さまそれぞれ返送理由が違うと思うのですが、わたしが返送依頼をした理由は、商品内容の間違いによる出品をしてしまったからです。

実際に納品の際に指定した商品は初回生産限定の特典が付くものだったのですが、その特典が付かない商品で出品してしまうという痛恨のミス。

なぜ出品時に気付かない!?

またミスをやっちゃったよ……

と数日落ち込んだのは、言わずとも皆さまお分かりになると思います。

でも、途中で間違いに気付いて良かったです。

ちなみに間違いに気付いたのは、Amazon倉庫に発送した当日です。

しかも近くの店舗で発送して、自宅に帰る時にふと気が付きました。

愛車の中で(笑)

その商品だけは倉庫に到着して直ぐのUターンとなってしまいました。

特典ありとなしでは金額も大幅に変わってくるので、本当に危なかった……

返送するにも廃棄するにも手数料が取られますので、そちらも要注意です。

他にも気を付けなければいけないことは、Amazonの返送/廃棄依頼にも記載されていますが

※返送の場合出荷作業に10日~14日
※請求は45日以内に発生となっているので注意です

返送依頼は行ったことがあるのですが、まだ廃棄依頼はしたことがないので、後日することがあれば記事にアップしますね。

最後に

思ったよりは簡単で本当に良かった….

直接商品を調べてバーコードやらを探さないといけない・自らで出品停止をする・カート獲得していたら戻せない・返送にすごい時間が掛かるーーなどなど。

そんな不安もやはりありましたが、今回の返送依頼についてはどれも全くなかったですね。

こんなわたしでも悩むことなくクリアできたので、皆さまも焦らずに行ってください!

2回目がもしあったとしても、他の方のサイトやヘルプを見ずに出来そうです。

少しずつAmazonの仕組みが分かってきたような気がします(笑)

やはり見て聞いて覚えるよりも、1度自分自身が体験してしまうと嫌でも覚えてしまうものですね。

この数カ月で本当にたくさんの経験をしたので……

もっと覚えなくてはいけないことが、たくさんありすぎるなぁ。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です