【古物商】古物商の許可が必要な場合は? 必要じゃない場合も?

古物商許可申請についてのまとめ

これから申請する方や検討している方は、ぜひ参考にしてください。

個別に詳しく説明する記事も用意する予定なので、気になった方はそちらもご覧くださいね。

まず古物ってなに?

この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。古物営業法第2条より

こう書かれても、直ぐに理解できる方は中々少ないと思います。

わたしも最初は意味が分からず、なにがどうなっているのかも全く分かっていませんでした。

・誰かに1度でも使用されたものであること
・使用はしていないが、使用するために取引したもの
・使用はしていないが、僅かに手入れをしたもの

これでも分からない。

という方に!

更に簡単にすると……

例えば洋服に置き換えてみます。
・購入したが一度しか着用してない洋服
・購入したが試着もせずにおいてある洋服
・購入した時にボタンが外れかけていたのを補修したものの、結局は着ないままの洋服

上記に上げたものが古物に該当する商品になります。

どうですか?

なんとなく分かりますでしょうか?

わたし自身もこの記事を書いていて、段々ややこしくなってきてしまいました(笑)

言うのと書くのでは違ってきますね。



古物は13種類に分けられる

種類
1.美術品類
2.衣類
3.時計・宝飾品類
4.自動車
5.自動二輪車・原動機付自転車
6.自転車
7.写真機類
8.事務機器類
9.機械工具類
10.道具類
11.革製・ゴム製品類
12.書籍
13.金券類

実を言うと、更に細かく分類されるのですが、今回は大きく分けたもので割愛させていただきます。

古物商許可申請の時に、この項目は自ら選んで申請するものとなるので、必ず把握しておいて下さい。

これもあれもと書類に丸を付けて申請したものの、警察署に行った時に後悔することになったーーということになったら大変です。

種類が多くなるほど、警察署での質問やチェックが厳しくなると思っていただいても、あながち間違いではないとわたしは思っています。

本当に必要な種類なのか?

今すぐ必要な種類であるのか?

今後に使う予定ではないのか?

きちんとよく考えて選びましょう。

古物商許可申請にかかる費用はどれぐらい?

わたしはつい先日に古物商許可申請(個人)をしてきたのですが、実際にかかった費用はというと……

個人の場合
☆住民票の写し 300円
☆市の身分証明書 300円
☆登記されていないことの証明書 300円
+地方法務局までの往復交通費 1000円
☆取得手数料(収入印紙代) 19.000円
合計¥20.900円

都道府県ごとに違いがあるのか、住民票や市の身分証明は金額にバラツキがありそうでした。

おおよそだと思っていただければ幸いです。

神奈川県にお住まいの方であれば、費用はだいたい2万円前後だと思いますね。

古物商許可申請までにかかった時間はどのくらい?

6月中旬 書類集めに3日。
6月下旬 書類記入に1日。

6月末 警察署に申請を出す←今はここです

書類集めから申請を出すまで、比較的スムーズにいくことが出来たので、あとは警察署からの連絡待ちの状態となっています。

日数でいえば、申請まで1週間も経っていないと思いますね!

想像したよりは書類作成も記入も難しいことはなかったです。

手間取ったといえば、地方法務局に足を運ばなくては行けなかったことが少し面倒であったとは言えますが。

ちなみに足を運ばずに、地方法務局から直接郵送で送って貰うことも可能ですので、日中に時間があまり取れない方や仕事で行くのは厳しいという方は、ぜひ郵送してもらう事をオススメします。



最後に

古物商の許可が降りたら、また取得後についての詳細を記事にしたいと思っていますのでお待ちください☆

ちなみに記事はこちらからどうぞ↓

【古物商】古物商許可申請に必要な書類はどこで貰うことができる?

2018-07-14

【古物商】プレートはどこで作成できるの? 警察署で? それともネット?

2018-08-08

【古物商】古物商のプレートが到着! プレートにも種類があるって知ってる?

2018-08-10
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です